[PREV] [NEXT]
...... 2018年07月05日 の日記 ......
■ 《 新しいタンゴ 》   [ NO. 2018070501-1 ] e_ch

【 リベルタンゴ 】

ピアソラ,アストル 〔アルゼンチン〕
(1921.03.11〜1992.07.05) 71歳 脳血栓



ピアソラは、イタリア移民三世の子として
アルゼンチンのマルデルプラタで生まれた。
幼少時代にニューヨークに移住し、その地で過ごした
その間に、バンドネオンを手にした。

33歳の時、クラシックの作曲家を目指し、
フランスに留学した。
そのとき初めての女性指揮者としても活躍していた
ブランジェに師事したが、彼女の助言により自らの
音楽はタンゴであることを認識しした彼は、
翌年にアルゼンチンに帰国し、それまでのタンゴの
常識を覆すようなクラシックやジャズを取り入れた
新しいタンゴを創造し演奏活動を開始した。

タンゴを革命的に進化させたピアソラだったが、
あまりにも最先端をいくその音楽についていけない
人たちからは、「タンゴの破壊者」「頭が狂っている」
などと言われ、本場アルゼンチンのオールドファンから、
ピアソラの音楽をタンゴとして認めない人もいた。

1960年には、その後の生涯の音楽活動の基盤となる
スタイルの五重奏団「キンテート」を結成したが、
1974年、ヨーロッパに拠点を移し、ジャズ、
ロックの表現を取り入れた活動を行った。

1978年にアルゼンチンに戻り「キンテート」を
再結成し、以後10年にわたり安定し充実した活動は
続き、82年以降、計4回来日している。

1988年「キンテート」を解散し、心臓の手術を
受けたが、2年後パリの自宅で脳血栓で倒れ、
闘病生活を続けた。
さらにその2年後の7月5日にブェノスアイレスの
病院で71年の生涯を閉じた。

1974年に発表した「リベルタンゴ」は、チェリストの
ヨーヨー・マのテレビコマーシャルで有名になった
曲だが、哀愁に満ちた音色のサクソフォンや、
他の楽器で演奏されることもある。

Libertango という単語は、libertad=自由 と
tangoを合わせた造語である。



         (ギター) セルジオ・アサド
         (ギター) オダイル・アサド
             ♪ 私が聴いた音源 ♪

         (ピアノ) 黒田亜樹
             ♪ 私が聴いた音源 ♪





...... トラックバックURL ......
  クリップボードにコピー

...... 返信を書く ......
[コメントを書く]
タイトル:
お名前:
メール:
URL:
文字色:
コメント :
削除用PW:
投稿キー: